About Kaori

About Kaori

KAORI ブレージングプレート式熱交換器_2014

再生

KAORIは1970年創立以来、常に最先端の熱処理技術を追求し世界クラスの製品を製造してきました。KAORIの創設者韓顕寿はドイツの大学院を卒業後、ドイツで学んだ熱技術を台湾の産業基盤に活かすため台湾の大学で教授を務めました。韓は日本の学校教育、並びにドイツでの技術教育を通して組織構成、効率性、生産技術等の影響を大きく受け、「創新・品質・責任・栄誉」を軸とした企業文化の精神を培ってきました。今日、KAORIの価値は弊社の優秀な従業員、良質なサービス、高品質に見てとれます。  

1994年にエネルギー効率の高いブレージングプレート式熱交換器BPHE)部門を設立し、冷凍空調・クーリング・ヒーティング・熱回収・グリーンエネルギー及び関連産業にBPHEの提供を開始しました。KAORIがこれまでに蓄積してきた機械設備及び自動化設備向けのロウ付け・熱処理技術の経験を活かし、また一貫した顧客志向の製品開発やサービスの提供により、KAORIのBPHEは信頼性のある製品として支持されるようになりました。現在KAORIは台湾で唯一のBPHEメーカーであり、世界においても有数のBPHEメーカーの一つに数えられるようになりました。  

KAORIは1970年の創立から長い道のりを経て大手伝熱ソリューションプロバイダーへとなりました。近年では優れたロウ付けの専門知識、革新的な熱伝達技術、高い品質基準が評価され、グリーンエネルギーシステムのための熱伝達コンポーネントの開発・製造をする複数の有名企業等と提携をはじめました。将来の環境を守るためにKAORIでは最新の熱技術を研究開発し、世界中のお客様に品質費用対効果の高い省エネ製品を提供し続けていきます。