ヒートポンプ

推薦モデル

ヒートポンプは可逆熱サイクルを利用し低温の熱源から高温の熱源へ熱を移動させる技術です。外部の熱を利用して加熱システムに効果的に熱エネルギーを供給でき、伝統的なボイラー式のものと比べ四分の一のエネルギーで温水を作り出すことができます。故にヒートポンプは環境保全技術の一つに挙げられます。地中熱ヒートポンプ、水熱源ヒートポンプ、空気熱ヒートポンプ等は通常太陽熱ヒーティングシステム等と一緒に使用することでエネルギー消費をさらに下げられます。ヒートポンプはCOP係数で評価されます。KAORIの高性能熱交換器を使用することによりCOPを高めることができ、またコストダウンにもなります。

KAORIのCシリーズはCO2ヒートポンプシステムに特化した設計となっており,最高使用圧力が140barまで対応可能です。その他のヒートポンプにはKシリーズもしくはRシリーズからお客様のご希望に合ったものをお選びいただけます。
 


BPHE for Heat Pump Catalogue

DOWNLOAD